【季節別】帽子の手入れ方法

【季節別】帽子の手入れ方法
 
みなさん、帽子のお手入れってどうされていますか?素材によって手洗いが良いのか洗濯して良いのか悩んだりすることがあると思います。
帽子は素材によって方法が変わってきますので、今回は季節別の帽子のお手入れ方法をご紹介いたします!
 
[夏素材の帽子の手入れ方法]

■ブレード(ひもで編んだ帽子)
■夏物帽子(パナマや麻などの帽子)のお手入れ

編み目の間やリボンのホコリをよくはらい、汗などの汚れは早めにぬるま湯を絞った布でふき取り、
乾いた布でふいてから乾かします。

また、手あかなどの軽い汚れは、消しゴム等でこするとよいでしょう。
   
 
[冬素材の帽子の手入れ方法]

■フェルトの帽子

ほこりがつきやすいので、日頃からブラシをかけます。
ブラシは“の”の字と反対方向に毛並みを整えるようにします。
軽い汚れはブラッシングで簡単に落とすことができます。

また、ひどい場合は消しゴムで軽くこすっていただくか、専門クリーニング店にご相談下さい。

■革の帽子

ブラシでほこりをとり、表革の汚れは消しゴムかぬるま湯の石鹼液を使い、乾いてから革用クリーナーで光沢を出します。

スエード素材はねり消しゴムでこすり、金属ブラシで起毛させます。
乾燥させた後に、革部分の艶が悪くなった場合は革用クリームなどでお手入れして下さい。
 
 
[キャップの手入れ方法]

洗濯できるキャップも、頻繁に洗濯することで素材が劣化し、シルエットも崩れて元々の雰囲気が損なわれてしまいます。

洗濯回数を減らすためには、日常のメンテナンスも大切。

被り終わったら、風通しの良いところで余分な湿気を落としたり、軽くブラッシングするのも効果的です。

※消臭剤や除菌スプレーもキャップとの相性を確認して使用すると、洗濯回数を減らすことができるのでおすすめです。

もっとみる